【21年9月版】豪ドル円(AUD/JPY)のトラリピ設定・運用実績

FXの取引を自動でしてくれる「トラリピ」は、自動売買の中でも非常に人気が高く運用している方も多数いらっしゃいます。

ですが、設定の自由度の高さや通貨ペアが豊富なため運用開始までハードル高く感じてしまう方もいると思います。そこでこちらの記事では私が実際にどんな設定でトラリピを運用しているのか解説していきます。

これからトラリピを始めようとしている方も、運用してなかなか利益が出ていない方も、トラリピの設定に悩んでいる方もぜひ参考にしてください!

目次

ひろきつねのトラリピ運用方針

増やす・貯める・使う3つのフェーズ

トラリピ運用戦略は大きく3つのフェーズに分けています。

それぞれのフェーズの詳細を解説していきます。

STEP
増やすフェーズ

このフェーズではとにかく資産効率を重視してどんどん資産を増やしていくフェーズです。
具体的にはロスカットレートを一切気にせずにどんどんトラップを毎月追加して単月利益の最大化を狙っていきます。

増やすフェースでやることは2つ

1)とにかく入金

増やすフェーズはリスクを取りながら複利運用で資産を増やしていくのが1番の目的です。
余剰資金は全額入金していきます。

2)毎月ガンガントラップ追加

「入金額+前月利益の半分の金額」を使って設定していきます。設定する本数はMAX設定していきます。CAD/JPYなら1本3,000円前後で設定できるので利用可能金額が10万なら30本くらい設定していきます。

増やすフェーズの卒業条件

  1. 直近半年の利益合計が300万以上
  2. 直近半年で50万/月の利益が3回以上

この2つの条件のいずれかをクリアしたら貯めるフェーズへと移行します。私の最終的な不労所得目標が50万/月なので上記を卒業条件としています。

STEP
貯めるフェーズ

証拠金維持率を高めロスカットのリスクを抑えるフェーズ

ロスカットを意識しない攻めた運用は長続きしません。なので増やすフェーズの次はロスカットリスクを抑える貯めるフェーズに移行です。

毎月の入金は行わなず前月の利益は全額トラップ追加に回します。この時のトラップ追加はロスカットレートを意識してトラップを追加していく予定です。

STEP
使うフェーズ

毎月の利益を生活費として使うフェーズ

この使うフェーズ=FIREしている状態です。暴落が来てもロスカットの心配がなく50万/月の利益を安定して出せている状態なので毎月の生活費としてどっぷりと頼らせてもらいます。

トラップ設定方針 レンジ幅の決め方

トラリピは値動きを予想せずに運用するほったらかし投資です。値動きを予想せずにほったらかしながら利益を稼いで行くにはトラップ設定方法がとても重要です。

レンジ幅が広い

メリット:値動きを気にすることなく放置していても一定の利益が稼げる
デメリット:資金効率が悪化して利回りが低くなる

レンジ幅が狭い

メリット:資金効率がよくなり利回りが高くなる
デメリット:レンジアウトする可能性もあるので設定調整が都度必要

レンジ幅はかなり重要で相場を気にすることなくそこそこの利回りを維持するためには工夫する必要があります。

両方を追求すべくトラリピを運用している私が実践している内容がこちらです。


STEP
過去20年のチャートを見てレンジを決める

過去20年のチャートを見てレンジの上限と下限を決めて中間地点でのハーフ&ハーフで売りゾーンと買いゾーンをわけました。

STEP
過去10年のチャートを見てコアレンジを決める

Step1で見たレンジは過去20年の大まかなレンジです。なるべく資金効率を上げ高利回りを実現するために直近10年のレンジを確認してコアレンジを設定します。

STEP
設定トラップ本数を考える

Step2でコアレンジを設定したらコアレンジのトラップ本数が多くなるように全体設計を行いました

運用している各通貨はそれぞれ上記ステップでレンジとトラップ本数を決めて、コアレンジから順にトラップを設定していきコンプリートを目指しています。

豪ドル円(AUD/JPY)のトラップ設定MAP

豪ドル円(AUD/JPY)のトラップ設定レンジ

豪ドル円のトラップ設定レンジはこのように決定しました。他の通貨に比べてトラップ設定レンジを決めるのが難しかったです。。。

レンジの下限を60円にするか、70円にするかめちゃくちゃ悩みました、色んな方のブログを読んでも人によって異なってたので本当に悩みました・・・

ですがここはあえてレンジを広めに設定をすることで値動きを気にせずほったらかせる状態を作ることに決めました!

豪ドル円は、売りトラリピと買いトラリピ両方を仕掛けるハーフ&ハーフ戦略で行きます。

中央値はレンジ下限の60円と上限の100円の中間80円に設定していますが、売りと買いそれぞれコアレンジに設定している幅は異なります。チャートをみると74-89円ゾーンで推移していることが多そうなのでコアゾーンに設定しました。

トラップ本数が 売りコア > 買いコア になるので売りコアが設定完了するタイミングで買いコアも設定完了予定です。

豪ドル円(AUD/JPY) トラップ設定表

利益幅については色んな議論がありますし利益幅をいくらにすれば最も資金効率がよくなるか気になりますが正直最適な利益幅を求めるのは無理な気がしてます。。。

なので利益金額を切りよく1,000円(つまり1円上昇・下落したら決済)にしてみました!

トラップ本数ですが、クロス円通貨の中でカナダドルが1番トラップ本数が多いです。

カナダドルは円安タイミングで利益が出てます。逆に円高タイミングではポジション数が増えて含み損が増えます。

一方で豪ドル円の場合は、円安タイミングでポジションが増えて含み損が増えますが円高タイミングでは利益がでます。

このように、カナダドルと豪ドル円だと利益が出るタイミングが逆なのでリスク回避にも繋がります。

この辺はユーロ円も一緒です。このような特性も踏まえてカナダドルのコアレンジ100本の半分くらいのトラップ本数を設定していくつもりです。

豪ドル円(AUD/JPY)トラップ設定進捗・運用実績

豪ドル円(AUD/JPY)トラップ設定進捗

21年7月終了時点で豪ドル円のトラップ設定進捗はこのような形です。コアレンジのトラップ設定はだいぶ進んできました。現在はトラップ設定しているゾーンで相場が推移しているので、設定していないゾーンに相場が移動したらまたトラップ追加していきたいと思います。

豪ドル円(AUD/JPY)運用実績

月別利益推移

運用開始5ヶ月目に突入しました。先月に引き続き今月も爆益でした。豪ドルは動くときはめっちゃ動いて決済通知がなりやまなくなります。この値動きの激しさが結構好きです。笑

豪ドル累計利益推移

豪ドルですが運用開始から5ヶ月と短い期間ですがいい感じで利益出せています。売りポジションだとマイナススワップなのが少し気になりますが、しっかり利益出ているので嬉しいです。

他通貨のトラップ設定

他通貨のトラップ設定を解説した記事です。他通貨の設定も気になる方はぜひ読んでください。

ひろきつねのトラリピ運用実績詳細

私のトラリピ運用成績をまとめた記事です。毎月どのくらいの利益が出ているのか詳細に記載していますので興味がある方はぜひこちらの記事もチェックしてください!

にほんブログ村 にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる